スローインテリア / 京すだれ

簾の結界は癒しを届けてくれる

簾(すだれ)をはじめとするスローインテリアに、これ程の反響があるとは思いもしなかった。
そこで、も少し足を踏み入れて記すことにしたい。

日曜大工センターに「簾」は並んでいるが、専門商となると、全国では50軒位しか製造販売をしていないようだ。とりわけ「京簾」となると僅か10軒しかない。
手作りの簾となると、概ね京都に限られてくる。

その素材はというと、屋外に使う簾は、日除けとしてまた風通しの良さという実用性から、琵琶湖の葭(葦/よし)で編まれている。
屋内用のものは、「座敷簾」と呼ばれているが、「洛西の真竹」を丁寧に編み込み、その縁には西陣織が使われている。

そもそも京の座敷簾は「御簾(みす)」をルーツにしている。
「御簾」は平安時代より宮廷の調度品として欠かせないものであり、永らく京の手仕事で作られてきた。
時代の変遷の中で、神社仏閣、武家屋敷にも「御簾」の使用は認められてきたが、一般庶民の家屋での使用は固く禁じられていたと聞く。
というのは、「御簾」は神聖な場所と俗世との結界の役割を果たし、あらたかなものとの目隠しが「御簾」の存在意義とされていた為だ。
御簾越しの天皇との、謁見(えっけん)シーンなどの映画を思い浮かべていただければよい。
「御簾」から「京簾」が生まれ、庶民が使い出せるようになったのは、文明開化後20年も後の事であった。

「御簾」は真竹(まだけ)、女竹(めだけ)を2ミリほどの細さに削って、色染めした後、赤い絹糸で編み、金襴(きんらん)が四方と内に付けられ、房を施したものである。
手の込んだ竹の編み上げは1日に亀甲編みで12センチ、葵編みでは4センチ程度しか出来ないそうだ。

結界としての簾が、涼を取る装飾品としての座敷簾となり、茶屋や料亭、町家に姿を現すと、竹の醸し出す空気感は、安らぎと優雅さを生み出し、癒し効果を与えるようになった。
そのひとつとして知られるのが、祇園白川に面した川端座敷や新橋にかかる京簾の町並みである。

街を歩くと、ビニール製の簾を目にすることがある。
今夏は、「京すだれ」で涼を楽しまれることを、お勧めしたい。

日本文化いろは事典
http://iroha-japan.net/iroha/B03_life/08_sudare.html
すだれ匠 よし末
http://www.tainaka.co.jp/index.html
京すだれ みす武
http://www.shinise.ne.jp/options/shinise/pa_outline.asp?temp_id=13&shp=49