時代祭

時代祭隊列概要

時代祭は、葵祭・祇園祭と並ぶ京都三大祭の一つ。1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建された。その時、平安神宮の大祭、建造物、神苑の保存のため、市民により平安講社が組織され、記念事業として時代祭が始まった。
祭が行われる10月22日は、桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日。
この祭の特色は、神幸祭、行在所祭、還幸祭の神儀のほか、時代風俗行列が行われることである。明治維新から延暦時代へさかのぼって、順次風俗、文物の変遷を再現する。
明治維新時代から延暦時代まで8つの時代を20列、2000人に達し行列の長さは2キロに及ぶ。祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられている。
山国勤王隊を先頭に、正午、京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロ間に一大時代絵巻を展開する。

明治維新時代

維新勤王隊列

官軍に参加した丹波山国村の郷土が組織した山国隊列。『ピーヒャーラドンドンドン』という鼓笛で盛り上げながら先頭を行進する。

維新志士隊列

吉田松陰、桂小五郎、坂竜馬など、銘じ維新のヒーローが目白押し。

江戸時代

徳川城使上洛列

徳川幕府が皇室への礼を示すために行った上洛行列を再現。先頭の奴(やっこ)がかけ声とともに槍を投げ渡し合う。

江戸時代婦人列

徳川家重に降嫁した孝明天皇の妹、皇女和宮など、江戸時代を代表する女性達とその侍女たちの行列。

安土桃山時代

豊公参朝列

慶長2年(1597)、我が子、秀頼の元服の報告に御所へ参内した秀吉の行列。最正装の牛車(ぎっしゃ)に大名や従者が続く。

織田公上洛列

永禄11年(1568)、鉄砲隊、弓矢隊を従えての戦国武将らしい上洛ぶりを再現。

室町時代

室町幕府執政列

足利将軍を中心とした当時の武士の軽武装姿を表現するもので、騎馬小具足姿の足利将軍に幕府の執政にあたる三管領・四職に任ぜられる主要氏族の行列。

室町洛中風俗列

風流傘を中心に、内側に囃子方で構成する「中踊り」、と外側に踊り手で構成する「側踊り」からなっている。

吉野時代

楠公上洛列

元弘3年(1333)、隠岐から還幸された後醍醐天皇を迎えて上洛する楠木正成。甲冑の美しさが評判で、楠公は紫裾濃(むらさきすそご)の大鎧を着用している。

中世婦人列

豪華な衣装の淀君、白拍子姿の静御前、薪を頭に載せる大原女などの中世女性たちの行列。

鎌倉時代

城南流鏑馬列

承久3年(1221)、後鳥羽上皇は、城南離宮に近畿十余国の流鏑馬の名手を集めて競わせ威信の衰えていない所を示そうとした。

藤原時代

藤原公卿参朝列

平安中期以降の藤原氏の優美で華麗な参内ぶりを再現。

平安時代婦人列

中世婦人列木曾義仲の愛妾、巴御前。牛若丸の母、常磐御前。紫式部、清少納言、小野小町らが華麗に行進する。

延暦時代

延暦武官行進列

延暦20年(801)の征夷大将軍、坂上田村麻呂の出陣姿。古式な兜、矛、盾などが目を引く。

延暦文官参朝列

延暦年間の文官たちの参内の様子。

神饌講社列

時代祭当日の神け物を奉献する役わりの神け達。

前列

神幸列の前を行く、雅楽の達人たち。

神幸列

孝明天皇、桓武天皇の鳳輦を要する時代祭のメインの行列。

白川女献花列

白川女(しらかわめ)は、昔、頭に花を載せて売り歩いた。

弓箭組列

明治維新の時、山国隊とともに官軍に参加した丹波の弓の名手たちが、時代祭の最後尾を守る。

歳時暦

10月15日 13:30 時代祭宣状祭

時代祭執行を1週間後に控え、本年の行列の主な参役に選ばれた平安講社員(京都市民)約500名がご神前に行列の無事執行を祈願します。
祭儀終了後は宮司より参役の任命書にあたる宣状が一人一人に授与されます。
また、この日午後3時からは境内で京都市地域女性連合会会員300名による「時代祭奉祝踊り足固め」が行われます。

15:00 時代祭奉祝踊り足固め

平安神宮境内で揃いの衣装の女性300名による民踊列が披露されます。

10月21日 10:00 時代祭前日祭

時代祭の無事執行を祈り、献花などが平安神宮で行われます。

10月22日 7:00 時代祭

祭典には総長・奉行が参列し、平安講社を代表して総長が祭文を奏上します。

8:00 神幸祭

2基のご鳳輦に御霊代をお遷しし、午前9時に行列を整えて神幸列が本宮を進発、行在所に向かい、午前10時頃建礼門前在所に到着します。

10:30 行在所祭

崇敬者並市民代表が参列し、神饌講社(京都料理組合)より神饌が献じられ、白川女の献花奉仕があります。

12:00 行列進発

時代行列が京都御所の建礼門前を出発し、平安神宮に向かいます。13時頃には御池寺町、14時頃には平安神宮前で奉祝踊りが披露されます。

16:00 大極殿祭並還幸祭

全行列到着後、御鳳輦を大極殿へ奉安し、延暦文官参朝列の三位が代表で祭文を奏上します。続いて御霊代をご鳳輦より本殿にお遷しして祭典を終了します。

10月23日 10:00 時代祭後日祭

祭典終了と共に祭具片付け格納を実施します。


◎雨天の場合は神幸祭以下順延となります。

お問い合わせ
●時代祭について ☎075・761・0221(平安神宮)
●有料観覧席(京都御所、御池通、平安神宮前)について
☎075・752・7070(京都市観光協会)


京都ブランド(管理運営: 株式会社フェイム
京都市中京区烏丸通六角堂之横ヘソ石町
Kyoto Brand ©copyright FAME Co LTD. all rights reserved.