「三宝庵」の花山椒

奥に潜みたる姿勢こそ、真価
−狂言師茂山千三郎さんおすすめ−

花だけでふんわり炊きあげる「花山椒」

京都に「ちりめん山椒」処多しと言えども、山椒の畑を持つ処はそう多くない。北山町に600坪の畑を持ち、自ら育て収穫する主人・上田 弘さん。その山椒も「すぐに使こたら、きつすぎてあかん。1年寝かしてから使うのが最高や」と性質を見極める。常に身近、善し悪しふまえたからこそ、花だけでふんわり炊きあげる「花山椒」、木の芽を加えて力強さをだした「木の芽煮」と分け仕上げが可能なのだ。その背中を支えるのは、夫人と三姉妹。

三宝庵
さんぽうあん

■京都市右京区
 鳴滝宇多野谷9番地1
TEL 075・461・3776
Open 9:00〜18:00/無休
【価格】1300円/40g
  2500円/80g
【賞味期間】10日間
【保存方法】冷蔵