KiKiさん 贈りものの熟練者と極上品

スローフードな感性くすぐる
素性正しき素朴な美味

町家だいどこ・姉小路 KiKiさん

【KiKiさんとは…】
 スタイリストとして20年近くを過ごした後、好きが高じて料理業界へと転身。フードコーディネイターや料理コンサルタント、スクール講師として幅広く活躍中。京都へは2年前に。「町家だいどこ・姉小路」は京素材を使った料理を供する場でもあり、京あじを効かせた料理教室の場でもある。パートーナーである蕎麦打ち職人・今井氏による国産・石臼挽き・本手打ちの蕎麦教室や、メンバー限定でリクエストした京みやげを揃えてくれる「コンシェルジュ」サービスも

 「京都に越して来た理由? やっぱり食材!」と言うフードーコーディネイター・KiKiさん。この春構えた小さな町家店は、「京都に来る前に『京都っていっぱいいい食材があるのに、どこへ行ったらそれを食べさせてくれるの?』って思ってた」彼女が「自分が京都でされたら嬉しいもてなし」を形にしたものだ。根底に流れる「地元の食材をきちんと料理」は、彼女自身の食に対する姿勢でもある。しゃかりきになるのではないが、口に入るのはオーガニックなものであることを心掛ける。勢い目が向けられる食材や素材も、素性のわかったものであることが多い。つまり、どんな素材を使ってどんな調味料で味付けされているのか、添加物は入っていないか、などだ。
 「まだまだ新参者やから、老舗の力に『ははぁ〜』って感心することも多いけど(笑)」と言いつつも、紹介してくれたのはKiKiアンテナに反応した素材重視系。「いろんな人から話しを聞いて、『いいな』と思ったらすぐに試してみる」行動力がもたらした産物だ。嗅覚の鋭さはいわずもがな、である。実際メニューとして出すことも多いのが「松田ファーム」の「チョリソー」や「ソーセージ」。「何にもいらんもん使ってへんの。だからお肉の味がきちんとするでしょ。チョリソーもただ辛いだけじゃないから」。料理を供する時にも、そんな彼女のひと言が添えられる。もうひとつは「きゃら」の「茶さんしょう」。「お茶を佃煮にする、っていう発想が京都やなぁって、正直驚いたけど。よい茶葉とよい山椒に惚れ込んで、作ってはるのもお薦めの理由」と言う。二軒に共通するのは、作り手の食材に向かう姿勢の正しさだ。よい素材を最大限に活かすべく、不必要な手間や過剰な味付けは施さない。それはまた、KiKiさん自身のスタイルでもあるのだが。

細かくしたチョリソーとベーコンが入ったキーマカレー。じんわり脂が出るまで炒められたベーコンの風味と、フレッシュな食感のチョリソーで、辛旨な仕上がり。箸休めには花さんしょう。ごはんに混ぜておにぎりも

町家だいどこ 姉小路
■京都市中京区姉小路小川南東角
 TEL 075・212・1981

KiKiさんおすすめひとつ
「松田ファーム」のチョリソー・ベーコン・鴨の薫製
http://kyoto-brand.com/read_column.php?cid=5303
KiKiさんおすすめもひとつ
「京佃煮舗 きゃら」の茶さんしょう
http://kyoto-brand.com/read_column.php?cid=5304