京の紫陽花めぐり 善峰寺編

京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編

西山で紫陽花めぐりを締め、夏祭を待つ あじさいの宮といえば「藤森神社」、あじさい寺といえば「三室戸寺」と云われている。 これって誰が決めたのだろうか。 境内にあじさいを多く植えている所を指すのだろうが、一番最初に名乗った … 続きを読む

京の紫陽花めぐり 梅宮大社編

京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編

左、「山あじさい」。右、「あじさい」。 どこで紫陽花を見るのが良いかと尋ねられ、困ることがままある。 「あなたの好きなところでご覧なさい!」と喉元まで出掛かっているのだが、それを呑み込んで、「紫陽花のどんな風情がお好きで … 続きを読む

京のあじさい

京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい

町家や石畳に雨のあじさいがよく似合う 6月に入ると、京都も梅雨入り宣言の声が聞こえる。 鬱陶しい雨空の季節というなかれ、水無月の京都は贅沢である。 雑記帳に走り書きしてある六月のメモを繰ってみた。 「朱の回廊 池に睡蓮・ … 続きを読む

あじさいから蓮へ

あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ

泥沼の根か、水面の清楚な花か、何れか真姿 6月下旬から蓮の開花の声を聞き始めるが、我慢に我慢を重ね、夏越祓いが済むまでの花見は紫陽花に桔梗と決めている。 祇園祭の吉符入りを聞いて、初めて蓮の花つきの問い合わせを始めだし、 … 続きを読む

あじさい寺に宇治十帖

源氏物語をフィールドワークし、いつの世も変わらぬ人間模様を垣間見る 梅雨真只中、晴れ間を見つけての行楽となると、まず、あじさい見物をおいて他にはない。 京のあじさい寺といえば、宇治にある修験宗別格本山の三室戸寺である。 … 続きを読む

京の蓮/観蓮会(かんれんえ)

梅雨時はあじさい寺に蓮寺見物が極楽だ 桜のあと、さつき、つつじ、杜若、花菖蒲を楽しみ、今まさに紫陽花が真っ盛りである。 あじさい寺と呼ばれる三室戸寺(宇治市菟道)は梅雨空の晴れ間を縫って訪れる人は後を絶たない。30種10 … 続きを読む