祇園祭のおいで

祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで

諸手を上げて、大歓声でお迎えしましょう 氏子にあたる鉾町では、山鉾が建ち屏風祭の最中で、宵々山と呼んでいる日である。昨夏のその日は、折からの豪雨で鴨川の水量は増し、激流となり渦をまいていた。市内の河川が決壊しないかと心配 … 続きを読む

祇園祭 お迎え提灯 

祇園祭 お迎え提灯  祇園祭 お迎え提灯  祇園祭 お迎え提灯  祇園祭 お迎え提灯  祇園祭 お迎え提灯 

それぞれの時代、民衆がこの祭りをあつくしてきた 神輿洗いのある7月10日、八坂神社の神輿蔵に中御座、東御座、西御座の三基の神輿が姿を表す。鳥居や擬宝朱(ぎぼし)はつけられているが、大鳥など飾り具はついてない状態である。 … 続きを読む

知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若

知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若

変わらぬ伝統と変わらざるを得ない事情 鉾に例えれば、長刀鉾の曳初めに菊水鉾と刻まれた車輪をつけて、綱の曳き手が菊水鉾の半纏を着けていたら、誰もが妙に思うはずである。 ところが、中御座神輿に東御座神輿の轅(ながえ/長柄)と … 続きを読む

祇園祭三若の吉符入り

祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り

疫病退散に立ち向かう男の覚悟 祇園祭といえば、誰もが山鉾巡行と口を揃える。日本三大祭の一つとして挙げられ、コンチキチンと、人々に愛される祭であることは嬉しい限りで、願ってもないことだ。 しかし、室町時代以前には山鉾巡行は … 続きを読む

前祭 山鉾巡行・神幸祭

前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭

鉾がなおされ、いよいよ祭りも本番 翌日から三連休となった今年(2010年)の祇園祭宵山は最高の人出となった。 報道によると、市内中心部は、午後9時現在で昨年より4万人多い35万人(京都府警発表)、午後11時現在には昨年よ … 続きを読む

後祭を追っかけて 後編

後祭を追っかけて 後編 後祭を追っかけて 後編 後祭を追っかけて 後編 後祭を追っかけて 後編 後祭を追っかけて 後編

ホイットホイトおみこっさん、「よぉ〜さぁの」で、祭も幕 「おみこっさん、きゃぁはったで〜」と、 奥にいる家族への声かけが聞こえる。うなぎの寝床から駆け出してきた家族は神輿に向かって頭を垂れていた。 大宮通から三条通を経て … 続きを読む

あじさいから蓮へ

あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ あじさいから蓮へ

泥沼の根か、水面の清楚な花か、何れか真姿 6月下旬から蓮の開花の声を聞き始めるが、我慢に我慢を重ね、夏越祓いが済むまでの花見は紫陽花に桔梗と決めている。 祇園祭の吉符入りを聞いて、初めて蓮の花つきの問い合わせを始めだし、 … 続きを読む