迎え火 夜まいり

迎え火 夜まいり 迎え火 夜まいり 迎え火 夜まいり 迎え火 夜まいり 迎え火 夜まいり

お精霊さんとお盆の休み、夜も忙し 大文字こと五山の送り火は、あまりにも有名である。 お精霊さんが迷わぬよう冥土にお帰りになれるよう点す送り火である。 では「迎え火」はどうするのであろうか。 軒先か精霊棚に盆堤灯を吊し、灯 … 続きを読む

京の夏

京の夏 京の夏 京の夏 京の夏 京の夏

あつい、暑いと言いながらも夏は終わります 京の夏といえば、何を連想されるであろう。 京の夏は祇園祭に始まり、大文字五山の送り火で終わるという言い回しがあるように、この二つを連想される方が圧倒的に多い。 それ故、観光客の方 … 続きを読む

松上げ知らずして 火祭りは語れず

松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず

送り火ともに火の祭がやってくる 「大文字」と打って検索すると、小生のパソコンは「おおもじ」と認識する馬鹿な奴である。 京都には「小文字」などない筈であるのに、大文字・小文字の検索結果サイトを並べている。思わず噴出してしま … 続きを読む

盆踊り

古くからの常識を堂々と国家が大切にしなければならない 「五山の送り火」と矢田寺(寺町三条上る)の「送り鐘」で、先祖の精霊を黄泉の国(よみのくに)に見送るとされる「お盆」は終わった。 戦後に「大文字 五山の送り火」となる前 … 続きを読む

京の夏の夜は火の祭典

京の八月は火の祭典で始まり火の祭典で幕を下ろす 夜明け前から身支度し、墓掃除に出向いた。日の出とともに、墓地の草引きや植え込みの剪定を始める。 蟻達の朝も早い。地べたを足早に行進している。負けじと無言で鎌の手を早める。 … 続きを読む