高橋拓児さん 贈りものの熟練者と極上品

高橋拓児さん 贈りものの熟練者と極上品 高橋拓児さん 贈りものの熟練者と極上品 高橋拓児さん 贈りものの熟練者と極上品

手間を引き受け、取らせない 場合を読む心もまた一つの手間 木乃婦 高橋拓児さん  【高橋拓児さんとは…】 ’68年京都生まれ。日本料理と同時にフレンチや中華など他の食と文化を学べる環境をと、’95 … 続きを読む

京料理ブランドの信義

京のほんまもんは大丈夫か 「船場吉兆」の不祥事報道はブランド神話に更に一石を投じ、波紋を拡げている。 食品表示における虚偽記載や産地偽装はナショナルブランドに対する信頼をも崩壊させている最中、一流ブランドや老舗ブランドに … 続きを読む

魯山人の光と影 / 京の街を歩く

魯山人を京都で偲ぶ 1959年10月「魯山人書道芸術個展」が京都で開かれる。 その2ヶ月後、12月21日、北大路魯山人は76歳で他界した。 生前最後となるそのパンフレットには、「或る会合で、いよいよ小生も人生の終点に近づ … 続きを読む