伏見街道を行く(その3)

伏見街道を行く(その3) 伏見街道を行く(その3) 伏見街道を行く(その3) 伏見街道を行く(その3) 伏見街道を行く(その3)

〜レトロ酒屋から稲荷まで〜  さらに伏見街道を南に向けて歩き出した私であるが、またもや酒屋を見つけた。酒飲みの目にはスッと入ってくるのだ。  ここも歴史の香る店である。左右の自動販売機がなければ大正ロマンの時代にタイムス … 続きを読む

黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く

黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く 黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く 黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く 黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く 黒谷の梅から東北院軒端梅を歩く

梅は咲いたか桜はまだかいな 聖護院は積善院準提堂の五大力さんのお札を授かった日だった。 めっきり春めいた陽射しに誘われて、くろ谷さんから神楽岡を歩くことにした。 時間が許せば神楽岡の軒端梅の下見もできるだろうと。 準提堂 … 続きを読む

京の蛍

京の蛍 京の蛍 京の蛍 京の蛍 京の蛍

京にほたる、御所に舞ってこそ都 夏は、夜がよい。満月の時期はなおさらだ。闇夜もなおよい。ホタルが多く飛びかっているのがよい。一方、ただひとつふたつなどと、かすかに光ながらホタルが飛んでいくのも面白い。雨など降るのも趣があ … 続きを読む

観梅 清凉寺の軒端梅

観梅 清凉寺の軒端梅 観梅 清凉寺の軒端梅 観梅 清凉寺の軒端梅 観梅 清凉寺の軒端梅 観梅 清凉寺の軒端梅

梅に鶯、文人に恋、我には餅を 嵯峨釈迦堂の空 広くて高い青がよい 吸い込む空気がやや緩やかで 小鳥もさえずり 松の緑を背景に 梅の花がやさしく咲いた ここは薄紅の一重 そちらは紅の八重 威張らず健気に 恥じらっている あ … 続きを読む