愛宕山 千日詣を思う

愛宕山 千日詣を思う 愛宕山 千日詣を思う 愛宕山 千日詣を思う 愛宕山 千日詣を思う 愛宕山 千日詣を思う

火伏せのご利益を授かる決意をここに 祇園祭が幕を下ろす7月31日の夜半京都を守護する愛宕山に登り、8月1日早朝にかけて詣でると千日分の火伏・防火の御利益があると云われ、3歳までに詣でると一生火事に遭わないと伝えるのが、愛 … 続きを読む

京の夏

京の夏 京の夏 京の夏 京の夏 京の夏

あつい、暑いと言いながらも夏は終わります 京の夏といえば、何を連想されるであろう。 京の夏は祇園祭に始まり、大文字五山の送り火で終わるという言い回しがあるように、この二つを連想される方が圧倒的に多い。 それ故、観光客の方 … 続きを読む

松上げ知らずして 火祭りは語れず

松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず 松上げ知らずして 火祭りは語れず

送り火ともに火の祭がやってくる 「大文字」と打って検索すると、小生のパソコンは「おおもじ」と認識する馬鹿な奴である。 京都には「小文字」などない筈であるのに、大文字・小文字の検索結果サイトを並べている。思わず噴出してしま … 続きを読む

京の夏の夜は火の祭典

京の八月は火の祭典で始まり火の祭典で幕を下ろす 夜明け前から身支度し、墓掃除に出向いた。日の出とともに、墓地の草引きや植え込みの剪定を始める。 蟻達の朝も早い。地べたを足早に行進している。負けじと無言で鎌の手を早める。 … 続きを読む