神苑の八重桜

神苑の八重桜

祗園の対極西京の森であでやかに 梅宮大社 勾玉池周囲は八重桜のトンネルがあり、見頃は4月中・下旬。まるで八重桜の森のようである。頭上から覆いかぶさるように花々をつけた枝が伸びている。 桜、東神苑・北神苑に20種130本、 … 続きを読む

観梅2014[梅名所 京都]

観梅2014[梅名所 京都] 観梅2014[梅名所 京都] 観梅2014[梅名所 京都] 観梅2014[梅名所 京都] 観梅2014[梅名所 京都]

春色に染まる京都、待ち遠しいですね。 うめ咲き誇る梅の名所をご案内します。 梅宮大社「梅・産祭」 北野天満宮「梅花祭」 城南宮「しだれ梅と椿まつり」 随心院「はねず踊りと今様」 生身天満宮「梅花祭」 青谷梅林 梅まつり … 続きを読む

京の八重桜探訪

京の八重桜探訪 京の八重桜探訪 京の八重桜探訪 京の八重桜探訪 京の八重桜探訪

さくらの国の桜町で春うらら 平城京の頃は花といえば梅であり、平安京で紫宸殿に左近の桜が登場して以来今日に到るまで、花といえば桜となった。 古今東西、日本で誰もが知る最も一般的な花であり、最も愛されている花であろう。桜の花 … 続きを読む

観梅2013[梅名所 京都]

観梅2013[梅名所 京都] 観梅2013[梅名所 京都] 観梅2013[梅名所 京都] 観梅2013[梅名所 京都] 観梅2013[梅名所 京都]

春色に染まる京都、待ち遠しいですね。 うめ咲き誇る梅の名所17カ所はここ。 梅宮大社「梅・産祭」 北野天満宮「梅花祭」 城南宮「しだれ梅と椿まつり」 随心院「はねず踊りと今様」 生身天満宮「梅花祭」 青谷梅林 梅まつり … 続きを読む

京の紫陽花めぐり 梅宮大社編

京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編 京の紫陽花めぐり 梅宮大社編

左、「山あじさい」。右、「あじさい」。 どこで紫陽花を見るのが良いかと尋ねられ、困ることがままある。 「あなたの好きなところでご覧なさい!」と喉元まで出掛かっているのだが、それを呑み込んで、「紫陽花のどんな風情がお好きで … 続きを読む

どこで愛でるか花菖蒲 その2

どこで愛でるか花菖蒲 その2 どこで愛でるか花菖蒲 その2 どこで愛でるか花菖蒲 その2 どこで愛でるか花菖蒲 その2 どこで愛でるか花菖蒲 その2

梅から三月百花繚乱で夏まじか 池泉回遊式庭園で花菖蒲を愛でられるのは、平安神宮や梅宮大社だけではない。 梅宮大社からなら新丸太町通を目指し、蓮の寺として知られる法金剛院を訪れるのが良い。 関西花の寺十三番札所を冠する寺院 … 続きを読む

京の盆踊りは六斎念仏

京の盆踊りは六斎念仏 京の盆踊りは六斎念仏 京の盆踊りは六斎念仏 京の盆踊りは六斎念仏 京の盆踊りは六斎念仏

信仰のイベントがJPOPの礎となり 8月24日の地蔵菩薩の縁日を「地蔵盆」と、28日の大日如来の縁日を「大日盆」と呼び習わし、「盂蘭盆」と並び、夏の風物詩を彩る京都の伝統行事である。 16日の「大文字の送り火」の直後にや … 続きを読む

水無月は花菖蒲から

水無月は花菖蒲から 水無月は花菖蒲から 水無月は花菖蒲から 水無月は花菖蒲から 水無月は花菖蒲から

花菖蒲で嬉しい知らせ 六月を水無月というが、水の無い月という意味ではない。 その真逆で「水の月」という意味である。 「無(な)」は連体助詞の「な」であるらしく、「の」の意味となる。 これで腑に落ちる。梅雨に入り雨が多く、 … 続きを読む

京都 芸能の神

日本初の芸事が世界に太陽の光を戻らせた 桜にはもう一息の春分の日に、遅咲きの梅が満開だと聞いて、急遽梅津にある梅宮大社へ出かけた。 「梅の宮」に相応しい社紋は「梅の花」と思いきや、橘氏の氏神であったことから、梅宮大社には … 続きを読む

早咲き梅

早咲き梅 早咲き梅 早咲き梅 早咲き梅 早咲き梅

花も実もある 梅の香りは良い 梅の開花情報が賑わしい。 梅の花は桜と違い一ヶ月も咲いていてくれるのだから、いつ出かけても楽しめる。今から準備万端に予定を立てておきたい。 しかしながら、桜並木や桜の名所とは口にされるが、こ … 続きを読む