続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居

お土居が守った願叶わぬものを思い巡らす 障壁画「聚楽第図」や「聚楽城図」にも描かれている「梅雨の井」は、千利休が聚楽第での茶の湯に使った井戸水といわれている。 梅雨になると井戸の水位が上がり、溢れ出すことからその名がつい … 続きを読む

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第

栄華と悲劇の記憶が埋もれた京を謎につつむ 半農半兵の農家に生まれた秀吉は、武将となり天下人となっても、自身の中にコンプレックスがあったのであろうか。 織田家に仕えるまでの経緯については不確かで、秀吉の口承伝記にあっても、 … 続きを読む