粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か

粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か

小京都はあるが小京都祭はないなぁ 平成20年10月12日午後6時30分。 その夜、粟田神社大祭の夜渡り神事(宵宮)に、百八十年ぶりに復活した粟田大燈呂の巡行を、目の当たりに見た。 その時、粟田口から出発した粟田大燈呂に、 … 続きを読む

後祭を追っかけて 前編

後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編

もうはまだなり、まだはもうなり、後の祭り 「祇園祭も終わりましたな。」と、大阪からの来客者の挨拶である。 「とんでもおへん。山鉾巡行が済んだだけですがな。」と、前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)の説明をひとしきり … 続きを読む

祇園祭のおいで

祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで 祇園祭のおいで

諸手を上げて、大歓声でお迎えしましょう 氏子にあたる鉾町では、山鉾が建ち屏風祭の最中で、宵々山と呼んでいる日である。昨夏のその日は、折からの豪雨で鴨川の水量は増し、激流となり渦をまいていた。市内の河川が決壊しないかと心配 … 続きを読む

知られざる祇園祭 神宝奉持列

知られざる祇園祭 神宝奉持列 知られざる祇園祭 神宝奉持列 知られざる祇園祭 神宝奉持列 知られざる祇園祭 神宝奉持列 知られざる祇園祭 神宝奉持列

宮本組、神恩感謝で「お宝運び」 祇園祭には「お宝運び」がある。 それは、山鉾のことでも、神輿のことでもない。 神幸祭と還幸祭の時に、六角屋根のスサノオを乗せた中御座神輿の前を行く「神宝奉持列」のことである。 祇園祭の要と … 続きを読む

祇園祭三若の吉符入り

祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り 祇園祭三若の吉符入り

疫病退散に立ち向かう男の覚悟 祇園祭といえば、誰もが山鉾巡行と口を揃える。日本三大祭の一つとして挙げられ、コンチキチンと、人々に愛される祭であることは嬉しい限りで、願ってもないことだ。 しかし、室町時代以前には山鉾巡行は … 続きを読む

祇園祭 後祭の花笠巡行

祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行

伝統文化の大義を効率理性から守りたい 以前にも触れたが、祇園祭の起源に遡ると、24日の還幸祭が最も重要な祭礼である。 17日の神幸祭で氏子町の御旅所においでになった神様が、単に八坂さんへお帰りになる日ではないからだ。 2 … 続きを読む

前祭 山鉾巡行・神幸祭

前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭 前祭 山鉾巡行・神幸祭

鉾がなおされ、いよいよ祭りも本番 翌日から三連休となった今年(2010年)の祇園祭宵山は最高の人出となった。 報道によると、市内中心部は、午後9時現在で昨年より4万人多い35万人(京都府警発表)、午後11時現在には昨年よ … 続きを読む

祇園祭 鉾町の和菓子

祇園祭 鉾町の和菓子 祇園祭 鉾町の和菓子 祇園祭 鉾町の和菓子 祇園祭 鉾町の和菓子 祇園祭 鉾町の和菓子

日常の衣食住が競い文化芸術に昇華す 八坂神社の祭神スサノオノミコト(牛頭天王)の神霊をもてなす「神賑(かみにぎ)わい」は、山鉾やその巡行に止まらず、歌舞音曲の奉納や、屏風祭へと盛り上がる。 それにともない、町衆の知恵は鱧 … 続きを読む

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

時代が祭りを再製する 祇園祭の真只中である。 先週の17日は朝から晩まで祇園祭の追っかけで一日が過ぎた。 汗と雨とで三度着替え直した。洗濯籠を持ち上げるとずっしりとしている。寺町の御旅所から自宅に戻るなり風呂場に直行、頭 … 続きを読む

知られざる祇園祭 / 神となる稚児

結納を行い養子縁組まで交わされる稚児 「前祭(さきのまつり)」と言われる17日の山鉾巡行や16日の宵山は、観光客や若いカップルで毎年賑わい、行き交う人が着物や浴衣姿に自然と親しんでいるようで嬉しい限りだ。 祇園祭は7月1 … 続きを読む