天下をとった絵師 狩野永徳展

屏風絵に生き方を見る 残すところ5日間となった「狩野永徳展」。永徳(1543年〜1590)の作品が一堂に会するのはおそらく最初で最後であろう。まだの方はお忘れなく足を運ばれると良い。 小生は三度も博物館へ足を運び、待ち時 … 続きを読む

この秋、怪怪奇奇な障壁画

街に輝くポップな絵と襖絵を楽しむ法 墨書された白封筒がデスクの上に置かれている。 宛名の文字の表情から、裏返さなくても差出人がわかる。 伸び伸びと大書された筆の運びの中に、デリケートさを垣間見せつつ堂々としている。 封を … 続きを読む