知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若

知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若 知られざる祇園祭 点描 神輿洗と四若

変わらぬ伝統と変わらざるを得ない事情 鉾に例えれば、長刀鉾の曳初めに菊水鉾と刻まれた車輪をつけて、綱の曳き手が菊水鉾の半纏を着けていたら、誰もが妙に思うはずである。 ところが、中御座神輿に東御座神輿の轅(ながえ/長柄)と … 続きを読む

平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社

平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社 平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社 平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社 平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社 平清盛 縁の地をゆく その六 八坂神社

世のきしみが乱を呼ぶ 鳥羽離宮東殿の安楽寿院に、鳥羽上皇の墓所とする本御塔(ほんみとう)が造営された保延5年(1139年)、鳥羽上皇と美福門院得子との間に皇子躰仁親王(なりひと/のちの近衛天皇)が産まれた。 その前年春に … 続きを読む

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

時代が祭りを再製する 祇園祭の真只中である。 先週の17日は朝から晩まで祇園祭の追っかけで一日が過ぎた。 汗と雨とで三度着替え直した。洗濯籠を持ち上げるとずっしりとしている。寺町の御旅所から自宅に戻るなり風呂場に直行、頭 … 続きを読む