織田信長を訪ねて 建勲神社

織田信長を訪ねて 建勲神社 織田信長を訪ねて 建勲神社 織田信長を訪ねて 建勲神社 織田信長を訪ねて 建勲神社 織田信長を訪ねて 建勲神社

300年の時を経て建勲の神号で奉斎される武人となる 織田信長が、足利義昭を室町幕府第15代将軍に就任させるため、初めて上洛したのが永禄11年(1568年)10月18日(旧暦9月26日)。 時に信長35歳、尾張国美濃国を制 … 続きを読む

織田信長を訪ねて  安土城址

織田信長を訪ねて  安土城址 織田信長を訪ねて  安土城址 織田信長を訪ねて  安土城址 織田信長を訪ねて  安土城址 織田信長を訪ねて  安土城址

城址より信長陵と呼ぶにふさわしい 「時に天正3年(1575年)、長篠の戦いで甲斐の武田勢を破った織田信長は、翌年、その天下統一事業を象徴するかのごとき巨城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意した。設計及び現場の総 … 続きを読む

織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院

織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院 織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院 織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院 織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院 織田信長を訪ねて 阿弥陀寺・大雲院・総見院

歴史ロマンの宝庫で空想に果てがない 織田信長(1534〜1582年)のことを知りたくて書きたくなった。 歴史上の超有名人なのだが、あまりにも知らなさ過ぎると思ったからである。 「信長といえば・・・?」と、関連用語を羅列し … 続きを読む

続 秀吉が京都に残したもの 御土居

続 秀吉が京都に残したもの 御土居 続 秀吉が京都に残したもの 御土居 続 秀吉が京都に残したもの 御土居 続 秀吉が京都に残したもの 御土居 続 秀吉が京都に残したもの 御土居

御土居史跡公園をあとに千本通に出た。 千本通を北に源光庵の方へ上り坂を行くと、「御土居餅」の暖簾を掛ける都本舗光悦堂がある。いわゆる町のおまん屋はんである。 光悦堂は鷹峰旧土居町1番地で、2番地が史蹟御土居跡で、千本通を … 続きを読む

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第の遺構とお土居

お土居が守った願叶わぬものを思い巡らす 障壁画「聚楽第図」や「聚楽城図」にも描かれている「梅雨の井」は、千利休が聚楽第での茶の湯に使った井戸水といわれている。 梅雨になると井戸の水位が上がり、溢れ出すことからその名がつい … 続きを読む

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第

続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第 続 秀吉が京都に残したもの 聚楽第

栄華と悲劇の記憶が埋もれた京を謎につつむ 半農半兵の農家に生まれた秀吉は、武将となり天下人となっても、自身の中にコンプレックスがあったのであろうか。 織田家に仕えるまでの経緯については不確かで、秀吉の口承伝記にあっても、 … 続きを読む

京の大仏さんを訪ねて

京の大仏さんを訪ねて 京の大仏さんを訪ねて 京の大仏さんを訪ねて 京の大仏さんを訪ねて 京の大仏さんを訪ねて

天災人災、気まぐれに巻き起こす歴史のいたずら 「ときは、桃山 天下を夢みた絵師がいた。時代を駆け抜け、伝説となった。」 このコピーに吸い込まれ、東山七条界隈で過ごす日曜日とした。 等伯に、秀吉に、京の大仏を訪ねる一日であ … 続きを読む