粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か

粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か

小京都はあるが小京都祭はないなぁ 平成20年10月12日午後6時30分。 その夜、粟田神社大祭の夜渡り神事(宵宮)に、百八十年ぶりに復活した粟田大燈呂の巡行を、目の当たりに見た。 その時、粟田口から出発した粟田大燈呂に、 … 続きを読む

後祭を追っかけて 前編

後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編

もうはまだなり、まだはもうなり、後の祭り 「祇園祭も終わりましたな。」と、大阪からの来客者の挨拶である。 「とんでもおへん。山鉾巡行が済んだだけですがな。」と、前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)の説明をひとしきり … 続きを読む

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

時代が祭りを再製する 祇園祭の真只中である。 先週の17日は朝から晩まで祇園祭の追っかけで一日が過ぎた。 汗と雨とで三度着替え直した。洗濯籠を持ち上げるとずっしりとしている。寺町の御旅所から自宅に戻るなり風呂場に直行、頭 … 続きを読む

鱧食べ 行こう

鱧まつり 梅雨明けどきが 盛りなり 山鉾巡行が済むと、祇園祭は終わったように話されるが、これは大間違いだ。 17日の巡行日から24日の花傘巡行までの1週間が、祇園祭の真只中なのだ。 つまり、八坂神社の神輿が御旅所に「おい … 続きを読む

祇園祭あれこれ

鱧食って 祭を語る 毎年7月17日は祇園祭の山鉾巡行の日である。 一ヶ月にまたがるこの祭りは、7月1日「吉符入」、「長刀鉾町お千度」に始まり、2日「くじ取り式」を経て、それからの一週間は行事が目白押しだ。 10日の「山鉾 … 続きを読む

知られざる祇園祭 / 後の祭り

祇園の後祭に全国の祇園祭が大挙動いた 17日御旅所に安置された三社の御神輿が氏子町を練り歩き、八坂神社に戻る神事が24日の還幸祭である。街中では「おかえり」と呼ぶ。夕刻の「おかえり」迄の行事として、山鉾巡行は1965年( … 続きを読む

知られざる祇園祭 / 神となる稚児

結納を行い養子縁組まで交わされる稚児 「前祭(さきのまつり)」と言われる17日の山鉾巡行や16日の宵山は、観光客や若いカップルで毎年賑わい、行き交う人が着物や浴衣姿に自然と親しんでいるようで嬉しい限りだ。 祇園祭は7月1 … 続きを読む