伏見街道を行く(その5)

伏見街道を行く(その5) 伏見街道を行く(その5) 伏見街道を行く(その5) 伏見街道を行く(その5) 伏見街道を行く(その5)

〜聖母学園から藤森神社まで〜  伏見街道もそろそろクライマックスになってきた。  立派なカトリック教会のすぐ隣には聖母学園という女子大がある。もちろん、この教会に併設されている学校だが、この校舎こそは戦前の陸軍第十六師団 … 続きを読む

伏見稲荷に闇はあるか?

伏見稲荷に闇はあるか? 伏見稲荷に闇はあるか? 伏見稲荷に闇はあるか? 伏見稲荷に闇はあるか? 伏見稲荷に闇はあるか?

〜商売繁盛の裏側〜  鎮座1300年にもなる伏見稲荷であるが、平安建都が1200年だったわけだから稲荷のほうが古いのである。  ただ、誤解の無いように言っておくと、平安建都1200年というのはこの地が都と定められて120 … 続きを読む

京の紫陽花めぐり 善峰寺編

京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編 京の紫陽花めぐり 善峰寺編

西山で紫陽花めぐりを締め、夏祭を待つ あじさいの宮といえば「藤森神社」、あじさい寺といえば「三室戸寺」と云われている。 これって誰が決めたのだろうか。 境内にあじさいを多く植えている所を指すのだろうが、一番最初に名乗った … 続きを読む

京の紫陽花めぐり 藤森神社

京の紫陽花めぐり 藤森神社 京の紫陽花めぐり 藤森神社 京の紫陽花めぐり 藤森神社 京の紫陽花めぐり 藤森神社 京の紫陽花めぐり 藤森神社

にっぽん、もう一バケするには勝負しないとね 水無月に入れば、紫陽花はどこにも咲いている花である。 京都の紫陽花は、毎年6月から7月にかけて咲いていて、大方の場所で6月中旬頃に見頃を迎える。 昔は「バケバナ」「ユウレイバナ … 続きを読む

菖蒲の節句発祥の地 藤森神社

菖蒲の節句発祥の地 藤森神社 菖蒲の節句発祥の地 藤森神社 菖蒲の節句発祥の地 藤森神社 菖蒲の節句発祥の地 藤森神社 菖蒲の節句発祥の地 藤森神社

春たけなわで馬駆ける 春祭酣(たけなわ)と言う使い方をするので、春祭(はるまつり)とは春に行われる祭りの総称であると誰もが理解している。 更に、日本国語大辞典にあるように、「その年の豊作と、悪疫の流行を防ぐことなどを願っ … 続きを読む

京のあじさい

京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい 京のあじさい

町家や石畳に雨のあじさいがよく似合う 6月に入ると、京都も梅雨入り宣言の声が聞こえる。 鬱陶しい雨空の季節というなかれ、水無月の京都は贅沢である。 雑記帳に走り書きしてある六月のメモを繰ってみた。 「朱の回廊 池に睡蓮・ … 続きを読む