宮本組・祇園祭吉符入りと神宝奉持籤取

宮本組・祇園祭吉符入りと神宝奉持籤取 宮本組・祇園祭吉符入りと神宝奉持籤取 宮本組・祇園祭吉符入りと神宝奉持籤取

神々の先導者が準備を始める 7月1日の京都といえば、「始まりましたな」「いよいよどすな」と、一ヶ月に亘る祇園祭の幕開けを誰もが口にする。 この日は祇園祭の神事始めの儀式となる日で、”吉符入り”と呼 … 続きを読む

知られざる祇園祭 / 鱧祭り

祇園祭で2万匹ものハモを食う 後祭の「花傘巡行」「還幸祭」を終えると、残すところ同月28日の「神輿洗い神事」と31日「疫神社夏越祭」である。 28日の午後9時頃には、八坂神社境内の神輿庫に神輿は収められる。 10日の「神 … 続きを読む

後祭を追っかけて 前編

後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編 後祭を追っかけて 前編

もうはまだなり、まだはもうなり、後の祭り 「祇園祭も終わりましたな。」と、大阪からの来客者の挨拶である。 「とんでもおへん。山鉾巡行が済んだだけですがな。」と、前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)の説明をひとしきり … 続きを読む

平成女鉾が巡行に参加する日

平成女鉾が巡行に参加する日 平成女鉾が巡行に参加する日 平成女鉾が巡行に参加する日

〜神事であることを忘れてはいけない〜 写真は「瀧尾神社のおんな神輿」のポスター、 「平野神社の祭りに参加する外国人女性」、 「霊山観音で奉納をするフラダンス」だ。 どこか違和感を感じるのはなんでだろう。  もう何年前にな … 続きを読む

祇園祭の伝統と創生と再生(後編)

祇園祭の伝統と創生と再生(後編) 祇園祭の伝統と創生と再生(後編) 祇園祭の伝統と創生と再生(後編) 祇園祭の伝統と創生と再生(後編) 祇園祭の伝統と創生と再生(後編)

〜後の祭りは復活するか?〜  祇園祭といえば7月17日の山鉾巡行であるが、現存の山鉾32基は昭和40年(1965)までは7月17日の前祭に23基、24日の後祭に9基が別々のルートを進んでいたのである。前祭のルートは、 昭 … 続きを読む

祇園祭 後祭の花笠巡行

祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行 祇園祭 後祭の花笠巡行

伝統文化の大義を効率理性から守りたい 以前にも触れたが、祇園祭の起源に遡ると、24日の還幸祭が最も重要な祭礼である。 17日の神幸祭で氏子町の御旅所においでになった神様が、単に八坂さんへお帰りになる日ではないからだ。 2 … 続きを読む

祇園祭 清々講社

町衆が和御霊が合体するとき悪霊が退散する 祇園祭神幸祭や還幸祭の神輿の賑わいをご覧になられているだろうか。 山鉾巡行の辻まわしを祇園祭のハイライトと呼ぶなら、石段下や御旅所での揃い踏みの神輿振りは祇園祭のクライマックスと … 続きを読む

祇園祭 神輿洗いと祈り

祇園祭 神輿洗いと祈り 祇園祭 神輿洗いと祈り 祇園祭 神輿洗いと祈り 祇園祭 神輿洗いと祈り 祇園祭 神輿洗いと祈り

水と火が清め、人々は設える 「神輿洗い」といっても、単なるクリーニングでないことは誰もの察しがつく。 八坂神社の神事として行われ、祇園祭の1ヶ月の期間に二度ある。 始めは毎年7月10日で、二度目は7月28日だ。 祇園祭の … 続きを読む

御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若

御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若 御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若 御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若 御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若 御霊さんで一初を 大田ノ沢で杜若

春祭 いずこであやめか 杜若 葵祭も終わり、今年の春祭も終盤を迎える。 日曜日と重なった15日は、洛中洛外、京都はお祭り一色だった。 上賀茂神社・下鴨神社では葵祭、西陣の今宮神社では今宮祭、車折神社では嵐山三船祭、松尾大 … 続きを読む

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会 変わろうとも変わらずとも 祇園祭は祇園御霊会

時代が祭りを再製する 祇園祭の真只中である。 先週の17日は朝から晩まで祇園祭の追っかけで一日が過ぎた。 汗と雨とで三度着替え直した。洗濯籠を持ち上げるとずっしりとしている。寺町の御旅所から自宅に戻るなり風呂場に直行、頭 … 続きを読む