京の人の日々の暮らしや文化をコラムと写真で紹介します。

この季節のお奨めコラム

師走の東寺

仏にふれ、人にふれ、功徳も修まり良き始末

師走21日の弘法市を「終い弘法」と呼び習わす。
弘法大師空海(774年〜835年)の月命日に参拝し、深い縁を結ぶ「縁日」として、真言宗の寺院では毎月21日御影供(みえいく)の法要が営まれている。
東寺(教王護国寺)では、この御影供の日には門前や境内に市が立ち、これ… 続きを読む

終い弘法 弘法さん 弘法大師坐像 お大師さん 生身供 国宝秘仏不動明王坐像 東寺 教

魯山人の光と影 / 京の街を歩く

魯山人を京都で偲ぶ

1959年10月「魯山人書道芸術個展」が京都で開かれる。

その2ヶ月後、12月21日、北大路魯山人は76歳で他界した。

生前最後となるそのパンフレットには、「或る会合で、いよいよ小生も人生の終点に近づいたやうだと云ったところ、それを待つものは多々あるぞと云は… 続きを読む

柚味噌 常設北大路魯山人作品室 雪虎 魯山人納豆  魯山人風すきやき 吉兆 瓢亭 何

煤払い

善人男女の埃を叩きだし、我が身に被る

煤払い
いよいよ年の瀬も押し詰まってきた。
繁華街ではXmasソングが流れているが、大掃除も気になるところである。

大掃除のことを、古くは煤払いと呼んでいた。
薪が主たる燃料源であった頃は… 続きを読む

お煤払い 大団扇 竹棒 箒 西本願寺 総御堂 阿弥陀堂 聞法会館 東本願寺 大谷光真門主

京鍋料理 / 芳香炉

鍋奉行 居所なしの鍋三昧な話

鍋といえば、まず土鍋を思い浮かべるものだ。
縄文時代、火の中に土製の鍋を置き、狩で得た食材を煮炊きしていたことに始まっている。
その後、中国大陸より石鍋や鉄鍋が伝来したわけだが、日本で最初の漢和辞典『和名抄(931年)』では、土製のものを「堝(なへ)」… 続きを読む

河道屋 蕎麦の老舗 芳香炉 火鍋子(ホウコウズ) スキ鍋 晦庵

終い弘法・終い天神

歳の瀬は Xmasか 天神さんか

師走も中盤を迎えると一層気忙しく感じてくる。
街中は至る所にクリスマス色が溢れている。

昨今は、カラフルなイルミネーションイベントや飾りつけが、特に華やかである。
確かに、目を見張るほどのファンタジックな光のアートに感動する。
なぜなら、光や明か… 続きを読む

終い弘法 終い天神 送り火 かがり火 おけらまいりの火縄 弘法さん 北野さん 天

年の瀬の買出し 錦市場

歳神をハレて迎える喜びのために

年の瀬の買出し 錦市場
御用納めの28日は師走の縁日の最後となる終い不動に出向いた。
「謹んで不動明王に告げん・・・」と云々、僧侶が唱える。護摩… 続きを読む

年末行事 終い不動 柳箸 鍋焼きうどん にしん蕎麦 京こんぶ にらみ鯛 錦市場 遊膳 冨

坂本龍馬 薩長同盟

京にある歴史と今を結ぶワンダーゲート

坂本龍馬 薩長同盟
京都にはじめて薩摩藩邸が置かれたところは、錦小路東洞院南東角の「錦小路藩邸」で、蛤御門の変で焼失するまでの160年間置かれ… 続きを読む

明治維新 薩長同盟 尊皇攘夷 八月十八日の政変 王政復古 池田屋騒動 薩長同盟 軍鶏鍋

師走の京の電飾

点在する明かりを紡げば希望の煌めきに

師走の京の電飾
師走に入ると、京の街中といえども、夜の帳に華やかな電飾が点る。
キリスト教会などに点る豆球の点滅や、キャンドルの灯りを… 続きを読む

ピースツリー イルミネーション キャンドル 室町教会 St.Agnes教会 北山ウェディ

顔見世のまねき

とうとう師走 来年のことを鬼も見る

「師走だな」と思わせるもの。

(X'masの)ツリー、紅白(歌合戦の組表)、年賀状(のCM)…。
 昨今では大晦日の格闘技の対戦相手の発表も加わろうか。

 京都の師走といえば、7日には千本釈迦堂の「だいこ焚き」に出かけ無病息災を願い、13日に芸舞妓の「祇園… 続きを読む

京の師走の風物詩 勘亭流 吉例顔見世興行 南座

コンテンツ移動のお知らせ

五所光一郎:京に癒やされ http://kyotocf.com/column/gosho_column/
谷口年史 :京都ミステリー紀行 http://kyotocf.com/column/kyo-mystery/
は最新号以降、下記サイトに移転しました。

旧コラムはどちらのサイトでもご覧いただけます。
京都CF! 「京都コラム」http://kyotocf.com/column/

[五所光一郎 ブログ] 烏丸かわら版

最新記事の読み込み中

[Special Issue]京料理の職人たち

24人の料理人と素材が織り成す京料理を堪能してください。職人それぞれの想いと歴史が詰まっています。

[特設サイト] 葵祭 | 祇園祭 | 時代祭
[ 特 集 ] 梅花祭・観梅京都2015 | さくら名木古木 | 京都さくら2012|紅葉と特別拝観 | 祇園祭2012 ft.三若神輿会|京のおもたせ | 中秋の名月 ]

このサイトについて
祇園祭
五所の京都街場文化雑記帳

五所光一郎の京都街場文化ブログ烏丸かわら版

葵祭

京都さくら散策

 

京都ブランド ロゴ 京都ブランド(管理運営: 株式会社フェイム
京都市中京区烏丸通六角堂之横ヘソ石町
Kyoto Brand ©copyright FAME Co LTD. all rights reserved.

PageTOP